AWAYA Blog
熊野古道中辺路を拠点に活動するサウンド・アートユニットあわ屋/AWAYA(あわや)のイベント情報や活動内容などを紹介しています。

城所ケイジ「アーケロン」プロジェクトに参加しました                 

日本のチェンソーアート第一人者、城所ケイジ氏による古代のウミガメ「アーケロン」の実物大彫刻制作プロジェクトにスタジオあわ屋も微力ながら参加協力させて頂きました。

 

このアーケロンは紀州杉の巨木をチェンソーを用いて彫られたもので、幅4.8m全長3.9m、重量約1.5トン。現存する骨格標本に基づいた原寸大です。
この程、串本海中公園水族館にて無事設営完了しました。
ぜひ実物に触れて恐竜の時代に生きた生物のスケール感を感じてみて下さい。

 

串本海中公園ホームページ:http://kushimoto.co.jp

 

<アーケロンができるまで>

参加当時のアーケロン。まだ荒削りの状態でした。

 

仕上げ加工のお手伝い中

 

本体の制作と並行して、急遽制作過程のプレゼン用映像の編集を担当することになりました。

 

完成したアーケロン。しかし問題はここから。

無事に作業場から運び出して串本海中公園に設営できるか!?

 

着々と串音海中公園に運び込まれる推定1.5トンの巨体。

 

とうとう設営にこぎつけたアーケロン。

おめでとうございます!

 

幅4.8m全長3.9m、重量約1.5トン。現存する骨格標本に基づいた原寸大。

後ろ姿も迫力です!

 

アーケロン完成発表会。

詰め掛けた報道陣も興味津々。

このプレゼンで上映した制作過程の映像の編集も担当させて頂きました。

 

 

アーケロン実物大彫刻が展示されている串本海中公園水族館には、串本の海中の四季折々の生き物たちの様子を3D立体映像で解説している「ウミガメシアター」があります。
実はこの映像作品のBGMとナレーションもAWAYAが担当させて頂いています。
世界最北限のサンゴ群落が見られる串本近海ならではの貴重な生き物たちの生態を、水中カメラマン赤木正和氏により撮影編集された美しい立体映像で体験していただけますよ。

 

串本海中公園ホームページ:http://kushimoto.co.jp

: PAST EVENT : comments(0) : trackbacks(0) : posted by AWAYA :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://awayablog.jugem.jp/trackback/610
<< NEW : TOP : OLD>>